ふじもと耳鼻咽喉科は加古川市、高砂市を中心に
患者さんのサポートを行っている耳鼻科です。

ふじもと耳鼻咽喉科ふじもと耳鼻咽喉科
  • 当院へのアクセス
  • リンク集

プロフィール

ご挨拶

耳鼻咽喉科と聞けば、どのような病気を扱う診療科を思い浮かべられるでしょうか。中耳炎、難聴、アレルギー性鼻炎、蓄膿、声がれ、などがまずは代表的なところといえるでしょう。
しかし耳鼻咽喉科医の取り扱う領域は、皆さんの思われているよりずっと広く、深く、複雑で、また他科領域とも密接に関連しているのです。

例えば、お子さんに言葉の遅れがみられるときは、そこには難聴が潜んでおり、原因は滲出性中耳炎かもしれません。
また、のどが痛く、それで声がかれてきたんだなと簡単に考えていると、数時間後には喉頭(のどの奥の方)の腫れで呼吸苦を起こす危険なサインかもしれません。鼻や耳の病気で頭や目が障害されることもありますし、最近問題になっている睡眠時無呼吸症も耳鼻咽喉科領域に起因することも非常に多いのです。

最近は個性化,個別化の時代といわれ、またストレスが社会に蔓延化している背景もあり、年々患者さんの訴えは多様化しております。
私は大学病院や地域の基幹病院に勤務してきましたので、救急と手術を含むより高度な医療を目指すことが自分の使命と考えてまいりましたが、今は逆に地域に密着する開業医として患者さんの抱えるより細かなニーズにできる限り対応できるよう努力していきたいと考えています。

院内の清潔には徹底的にこだわり、天井には業務用の大型空気清浄機を2台備え付け,内視鏡は専用の洗浄機を用い、診察機器の洗浄にも最も厳しい基準を用いています。

発熱などで体調の悪い方にも安心していただけるよう、インターフォン付の別待合を2か所設置しています。また院内のバリアフリー化として、車椅子での移動や診察がスムーズに行えるよう努力しています。

インフォームドコンセントについてもビデオや検査データを用いたより分かりやすい説明を心がけていますが、反面、できるだけ効率的な診察ができるよう、パソコン・携帯電話・固定電話からの自動診察受付サービスの導入や、聴力検査室を2か所設置するなどの工夫を凝らしています。

最近問題となっている睡眠時無呼吸症については、器械を用いて自宅で睡眠時の血液中の酸素濃度を測定してもらい(スクリーニング検査)、その結果必要な方にはさらに精密検査をお勧めしています。

月に3回程度、補聴器の装用についての指導等を行っております。

最後になりましたが、当院での診察の結果、更に精密検査や専門的治療が必要と判断される方については、病院診療所連携に基ずいて、大学病院や専門病院、地域の基幹病院にご紹介しております。
どちらの専門施設を受診したらよいのか迷っておられるような場合でもご気軽にご相談ください。

院長略歴

平成元年3月 神戸大学医学部医学科卒業
平成6年3月 神戸大学大学院医学研究科卒業
平成6年6月 市立西脇病院耳鼻咽喉科医員
平成7年6月 市立西脇病院耳鼻咽喉科医長代理
平成8年5月 加古川市民病院耳鼻咽喉科医長
平成12年7月 加古川市民病院耳鼻咽喉科主任医長
平成12年12月 加古川市民病院退職
平成13年1月 ふじもと耳鼻咽喉科開設

所属学会・認定医など

資格

  • 医学博士
  • 耳鼻咽喉科学会専門医
診療受付サービスのご案内

パソコンや携帯電話から当日の診療を受ける順番が予約できます。

http://fujimoto33.atat.jp/
TOP